2017年2月19日 (日)

FSST

最近は連日12時近くまで頑張っているので、

今日は納車が6台と久々に大量に車が旅立って行きました。

1週間で入庫6台に対し出庫9台と、

出庫が上回ったので少しすっきりしました。

今週の土曜日25日は筑波サーキットでタイムアタックイベントが開催されます。

一般の入場も可能なので、是非遊びに来てください。


その翌週3月5日はFSST第1戦です。

本日、メンテナンスとアップデートを終えた車両がオーナーの元へ旅立ちました。

このFSSTはJAF公認スピード行事で地方競技とクローズド部門がありますが、

どちらも車検が厳しく一般公道を走行できるものでなくてはなりません。

不正改造車は参加できません!

触媒レスなんてもっての外なので、

何でもありのフリー走行とは違いレギュレーションの中での戦いとなります。

例年弊社ユーザーが表彰台の常連となっていて、

EVOに引き続きインプレッサも50秒切りを果たしております。

JAFクラスもクローズドクラスも身内の戦いとなっておりますので、

他の速い方にもどんどん参加してもらって盛り上げてもらえると面白いのになぁと、

思っています。

富士の本コースを1分47~48秒位で走行されている方~

参加お待ちしておりま~す。

FSSTのページはこちら















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月17日 (金)

SST強化クラッチ

20170217_210349

EVOⅩ SSTの強化クラッチの組み込みを昨日今日と2台連続です。

どちらの車もタービン交換車なので、
ノーマルのクラッチでは役不足でした。

昨日の車は、FUJIを走行中に偶数段が入らなくなったと連絡があり、
そのまま入庫となりました。

スポーツ走行時に偶数段に入らなくなる症状は、
時間をおいて始動すると何事もなかったかのように変速するので、

誤作動だと自分の都合の良いように自身に言い聞かせ、

修理をしようとしない方がいらっしゃいますが、
この段階で修理をした方が大事にならずに済みますし、

ほっておいても絶対に直りません!
分解して修理する以外、道はありませんから~(載せ替えもありますが....)


今回の2台はダンパーが破損していなかったので、

ケースを再使用してディスクだけ強化品に入れ替えましたが、

ダンパーが破損していれば新品のクラッチASSYを取り寄せ

ディスクだけを入れ替えなくてはいけないので、

費用が倍以上掛かります。

クラッチを交換し始めた頃はダンパーが破損しているなんて

分らなかったのでASSYよりもディスクの交換だけで済む方が安上がりで滑りも抑えられて良いと思っていましたが、ダンパーの破損をチェックするようになってから、修理で入庫する場合はほぼ100%ダンパーが破損しています。


現在もクラッチが欠品中の為、入庫をストップしている車両が3台、

ミッションが降りていてクラッチ待ちが3台です。

メーカーはもの凄い数のBOらしいです。

クラッチは消耗品ですからね....

昔、BMWのM5のDSGも出た頃は壊れまくっていました。

中古で買って壊れると200万コース(笑)
輸入車だから仕方がないと諦めの感じでしたが、

中古車は爆弾を抱えているもんですから、

走行距離の進んだ車はメッチャ安かったですね。


純正のクラッチ早くできてこないかなぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«TC-SST 勝手な考察 その2(復刻)