« 6速ミッション | トップページ | タイムアタックで学んだ事 (足回り編) »

2015年3月25日 (水)

EVOⅩ SST550馬力計画 タービン編

SSTはダイナパックで馬力を出すのは結構しんどいんです。


MTだったらTF06でも500馬力は楽勝だけど、

ギャレットGTX3076のサーキット仕様で500馬力寸止めってところです。

ローラーだと簡単に出そうだけど、

自分ちの測定器を基準にしているので仕方がありません。


今回、500馬力オーバーを狙うにあたりいろんなタービンの特性やマッチングを調べましたが、立ち上がりをそこそこ良くしてピークパワーを狙う為にはどうしてもツインスクロールは外せませんでした。

EFRで制作を試みましたが、SSTはサクションのレイアウトを邪魔するので、良い選択肢ががありませんでした。

色々と模索していくうちにGTX3576RをEVOⅩ専用のハウジングにドッキングする事を提案され、その仕様でオーダーしたEVOⅩ純正交換のGTX3576Rが2個到着しました。

Img_0884s

Img_0885s

値段は目ん玉が飛び出るくらい高いっす!


|

« 6速ミッション | トップページ | タイムアタックで学んだ事 (足回り編) »

タービン交換」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147217/61337908

この記事へのトラックバック一覧です: EVOⅩ SST550馬力計画 タービン編:

« 6速ミッション | トップページ | タイムアタックで学んだ事 (足回り編) »