« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月26日 (木)

なかなか追いつかない

先程まで一生懸命エンジンを組んでいて、ようやく出来上がったのに.....

Dsc_1185

ボーリング上がりのブロックを2機も並べられてしまい追いまくられる金澤氏(笑)

Dsc_1184



昨年のアタックシーズンから4月のスーパーラップまでずう~っと仕事が溜まりまくりで、常連の方の仕事は後ろへ後ろへと延ばされ......

金澤の仕事だけが溜まっていく中、マフラーの注文なんか受けちゃったから、お客様にも迷惑を掛けっぱなしだったのが連休明けからようやく追いついたなぁと思いましたが、ヘビーな作り物の仕事が入るとまたエンジンが溜っていくという状態になってしまいます。

Dsc_1187

Dsc_1188

毎日夜中まで頑張ってますので、ご勘弁ください<m(__)m>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SST修理

Dsc_1191

Dsc_1189

SSTの修理

定番の4速シフト位置異常とシフトソレノイド固着.....

バルブボディーもお亡くなりになっていたので交換です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月14日 (土)

エンジンオーバーホール★ガレージGフォース

うちの仕事で上位を占めるのがエンジンO/H関連の作業です。

一番手間が掛かって預かりの期間も長く利益率の悪い仕事なのですが.....
需要が有るのでありがたく受けております。


年式の新しい車の盆栽制作なんかが一番効率が良いんですけど......

そんな仕事はうちには来ないので(笑)

GWは遠方から沢山の観光客がいらっしゃいましたが、

走行20万キロ越えなど外から音を聞いていると可哀想なエンジン音の車が多くて驚きました。

EVOのCP、CTモデルは生産からかなりの年数を経過してきたので、

走行の多い車はそれなりの値段で購入できるでしょうが、

15万キロや20万キロではまともな状態の物はほぼ皆無と言ってよいでしょう。

新車の状態を知らないと、中古で買った時の状態が基準になってしまいがちですが、

その状態が既に新車時の70%位の性能しか無い事が多いですね。


でも、安いから買ったのでメンテナンスする予算が無いっていうのが現実......

まともに直すのにはもう2台くらい買えるくらいのお金が必要だったり.....




幸いにも弊社のユーザーは、大事に乗りたいから弊社を頼ってくれているので、

他の人には理解できないような方が多いのも事実。



現在は、3回目のオーバーホールのEVOⅤが入庫中で、

今回はヘッド交換のついでにEVOⅨのヘッドを使用してマイベックにしました。

Img_8815s

Img_8814s

2.3L化から5年で10万キロ走行されて、O/Hで入庫のEVOⅨMRや(この車のエンジンはもの凄く綺麗でした)、

新車から20年乗られているEVOⅢのエンジンリフレッシュなども入庫中です。

他、CTのエンジンが2台と不動車が多いのが悩みの種ですが、多くのリピーターに支えられて感謝感激です。


弊社は遠方のユーザーが多い為、納めてからトラブルが出ない様に慎重かつ繊細にA型の金澤がカルテを記入しながら組み込んでおりますので、ちょちょいのチョイという適当なものではございません!

この事も多くのリピーターに支持される要因かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »