« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月17日 (木)

HKS EVC

今日はブーストコントローラーについて僕の見解を書きますね。

EVOはノーマルがソレノイドを使った分圧方式のブーストコントロールをしているので、

アクチュエーターの圧力は約0.7キロです。

歴代のモデルによって値は違いますが1.0~1.6キロ位までECUでコントロールしています。純正の制御では立ち上がりの部分だけブーストを高めにしてトルクを稼ぎ、高回転はブーストが高いとパワーが出すぎてしまうので、ソレノイドのデューティー比を抑えてブーストが低くなるようにしています。

このようにブーストを低めにしてもパワーが出るような状態で販売されているので、余力が大きくチューニングのコスパが良い車として人気があるのです。

昔に比べるとだいぶ良くなりましたが、ソレノイド制御の場合は負荷のかかり具合や回転スピード上昇の速さに上手く対応しきれない事が起こります。これはアクチュエーターの圧力0.7キロに対して目標ブーストが1.5キロと高くなってくると、分圧制御のバイパス量が増えてしまいソレノイドの流量が少ないと開弁率が100%になっても足りなくなるからです。そこで、ソレノイドのオリフィスを抜くともう少し頑張るのですが、やはりブーストコントローラーの方が便利ですよね....という事になり、ブーストコントローラーを取り付けるわけですが、HKS EVC・BLITZ SBC・TRUST PROFEC 等が一般的でした。

HKS EVCはステップモーターを使用した機構が画期的でしたがモーターにブローバイのオイルが混入すると直ぐにモーターが故障するのにクレームや補償は無くお客様に負担を強いられるので、僕は率先して売っていませんでした。

TRUSTのPROFECはシングルソレノイドで安定もいまいちでしたが、価格の安さでそこそこの人気がありました。シルビアのようにブーストアップで1.2くらいまでしか掛けない車両によく使っていましたね。

BLITZのD-SBCはツインソレノイドで容量があり、価格もそこそこ安くてコラムの上にメータ代わりに装着できて、ワーニング機能が減量値の設定もできて優れ物でしたから、EVOⅨまでは定番のように取り付けしていました。

HKS EVCにはEVC Proというモデルがありましたが、車速やスロットル開度でブーストを制御できる素晴らしい機能が付いていて、ドラッグの車には必需品でした。

1速のスタート時はブーストを下げ気味にしてホイールスピンを抑え、2速3速と車速が上がると徐々にブーストを上げていくといった制御ができる当時は画期的なブーコンでした。

EVCでもこればかりはゼロヨンフリークに勧めていました。

その後、EVCはモデルチェンジをして、EVCⅣとなり全く魅力のない高いだけのブーコンになってしまいましたので、お客様の指名買い以外売る事はありませんでした。


その後、4年ぐらい経ってからEVCⅤが3次元マップ制御を引っ提げてデビューするわけですが、これは本当に絶妙なタイミングでした。

正直、CPやCTにはそれほど必要ではありませんが、CZには必須と言ってもよいくらい3次元マップ制御は有効です。

これも純正ECUでブーストカットやエアフロのリミットを変更できるかどうかが、分かれ道でした。

EVOⅩの発売当初は排気効率を上げるとブーストが上がり、エアフロのチェックが点灯するという事態が起こるので、ノーマルよりも低回転でブーストが掛からないようにしなくてはいけないという話が広がりました。
 

続きを読む "HKS EVC"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »